今週のメッセージ

2015年7月26日


本日の礼拝説教要旨  
「育てられる恵み」 申命記8:5-6 マルコ4:35-41     足立 宏 牧師

【どうしてそんなにこわがるのです。信仰がないのは、どうしたことです】40節

マルコの福音書には、大きなテーマが二つあると言われます。
一つは、イエス様は神の子であるというメッセージです。そしてもう一つが、イエス様が弟子を育成するということです。主はなぜ弟子たちを訓練されたのでしょう。それは、名前だけでなく本当の弟子になってもらうためでした。
主はご自分の弟子を月~土の日常で、育成なさいます。 最初の弟子たちの場合、ガリラヤ湖周辺でした。そして彼らの訓練場の一つが湖上でした。 結果としてイエス様の一言で、荒れ狂うガリラヤ湖は瞬く間に、静かな場に戻りました。自然界を支配されるイエス様の権威です。けれどもイエス様は、自分の力を見せつけるために奇跡を起こされたのではありません。主はあくまで弟子たち一人一人の心に、何時いかなる時にもご自分に対する信頼が芽生えることを求めておられるのです。生きて働かれる主イエス様への信頼です。ある訳では「そなたたちの信仰はどこに行ったのか」となっています。

*心に恐れや思い煩いの突風が起こってくるとき、問題を解決に導いて下さる主イエスの御名を呼び、助けを求めているでしょうか。

*私たちが苦しい状況に置かれたときも、主は共にいて下さいます。そこで祈り(主にお話し、主に聞く)、信仰の一歩を踏み出して下さい。どのような展開が起こっていったか、分かち合って下さい。

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。