今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

『奇蹟はどこから』 イザヤ書62章1-5節 ヨハネの福音書2章1-11節
                               和田治牧師

 主は、私たちにとっての行き詰まりを、それがあたかもなくてはならなかったように最善へと変える奇蹟を起こして下さるお方です。
  不可解な命令を受けた手伝いの者たちが、イエスという人のことをその通りに実行したことは、マリヤの一言の影響が大きかったのではないでしょうか。
 マリヤも、手伝いの者たちも、どうなるか分からない、意味も結末も読めない、そんな中で、今目の前にあることを、主への信頼をもってそのとおりにおこなっていくしかない・・・そんな場面は、私たちの信仰生活の中で案外多いのではないでしょうか。 主の御心が、ハッキリ分からない、というジレンマを感じるときが・・・とても難しいこのことを実行していくために、支えになるものがります。 それはチームワークです。しかも、そのチームの中に、主をしっかりと信頼する人がいることです、この時のマリヤのように。
 手伝いの者たちは奇蹟がどこからか知った・・・奇蹟をもたらしたイエスというお方が誰かを知っていたのです。 それを知らない人たちは、イエス様と結びついていない、でも、彼らはこの日から、イエス様と結びついた新しい人生を送り始めたでしょう。つまり、彼らの人生そのものが自らぶどう酒に変えられたのです。
 そうです、どんどん悪くなっていく、そして最悪の出来事としての「死」を避けられない、そんな水のような人生ではなく、命あふれるぶどう酒、後になるほど良きものとなっていく人生・・・さかのぼっていくと、もしイエス様の中に、この結婚式に集まった人々への愛がなければ、起こらなかったことではないでしょうか。その愛は今も、 私たち
に注がれているのです。それが日々の小さな奇蹟の源です。信じて真っ直ぐにお従いいたしましょう。

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。