今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『万物の終わりが近づきました。』 
 創世記19章23-31節 ペテロへの手紙第一4賞7-11節  足立 宏牧師
     
万物の終わりが近づいてきました。ですから、祈りのため、
心を整え、身を慎みなさい。  Ⅰペテロ4章7節

キリスト信仰者が主の再臨に備える生活---積極性
1.祈りの生活-----思考が新たにされ、自己吟味される
 「しかし、あなた方はやがて起ころうとしているこれら全てのことから逃れ、
 人の子の前に立つことが出来るように、いつも油断せず祈っていなさい。
 (ルカの福音 書21章36節)
 祈りは、夢や非現実に基礎を置いてはいません。邪悪な世の中で、祈りは、
 夢や非 現実に基礎を置いてはいません。祈りの生活の中で、自らを立て
 直していくことが 、最優先事項となります。
2.互いに愛し合う生活----罪を覆う愛
 祈りの生活は、私達を愛の人へと変えていきます。なぜなら主と交わる中で、
 主イエスの愛を頂くからです。世の終わりには、不法がはびこり、多くに人
 の愛が冷えると、主は警告されました。私たちキリスト信仰者も、様々な社
 会の歪みにより、傷つき、つかれ、冷めた信仰に陥りやすいかもしれません。
 けれども、祈りにより、主の憐れみに立ち返るなら、相手を理解し、相手の
 立場に立って、寄り添う歩に主が導いて下さいます。簡単なことではありま
 せんが、主が私たちを取り扱い、キリストのみ思いに立たせて下さいます。

†あなたは一日のどの時間帯を祈りのために使いますか。
                   


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。