今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『ゴールの光に照らされて歩む』

出エジプト4勝10-16節 Ⅰペテロ4勝7-11節     足立 宏 牧師

神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、
互いに仕え合いなさい。
                     (Ⅰ)ペテロ4章7-11節

1.祈りは、夢や非現実を基礎に置いてはいません。
 邪悪な世の中で、主の再臨に備えて生きるためには、祈りの生活の中で、
 自らを立て直していくことが、最優先事項となります。

2.互いに愛し合う生活---罪を覆う愛
 世の終わりには、不法がはびこり、多くの人の愛が冷えると、主は警告
 されました。
 私たちキリスト信仰者も、様々な社会の歪みにより、傷つき、疲れ、冷
 めた信仰に陥りやすいかも知れません。けれども、祈りによって主のあ
 われみに立ち返るなら、相手を理解し、相手の立場に立って、寄り添う
 歩みに、主が導いてくださいます。
 簡単なことではありませんが、主が私たちを取り扱い、キリストのみ思
 いに立たせ て下さいます。

3.もてなし
 1世紀には、宿泊所はなく、家庭を解放して、旅人をもてなしました。
 現代に適用するなら、開かれた心で、交わることでしょう。もちろん、
 家庭を解放して、愛を示すことも結構です。会議や交わりでも、開か
 れた心で互いを思いやるなかで、質の深い関係が築かれていきます。

4.賜物を生かす
 私たち一人一人は、何らかの賜物を神様から頂いています。その賜物は、
 兄弟姉妹の信仰が立ち上げられるため、また兄弟姉妹に仕えるために、
 主が与えて下さった贈り物です。中心が、主イエス・キリストが崇められ
 るため。賜物を持っている人が崇められるためではありません。

祈りの生活、愛し合う生活、賜物を用いて仕え合う生活。
これが終わりの時の主のみこころです。
あなたは、この年、どう実践して歩んでいきますか。

              

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。