今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「栄光の主イエスに聞こう」 
     Ⅱ列王記2章1-12節 マルコの福音書 2章2-8節  足立宏牧師  

[ これは、わたしの愛する子である。彼の言うことを聞きなさい ] (7節)  

「これは、わたしの愛する子。彼の言うことを聞きなさい」(7節)。
この言葉は、イエス様の洗礼時に天から聞こえてきた声とよく似ています。
「あなたはわたしの愛する子。わたしはあなたを喜ぶ。」(1章11節)
 これはイエスの伝道に先立って、主なる神が言われたのです。主イエスがはじめる活動全体が、神の御子としてのお働きであることが、その最初から示されたのです。
そうであるなら、ここでもう一度それが繰り返されていることには、特別な意味があることになります。ガリラヤでイエス様が人々に神の国の訪れを告げ、悪霊に取り憑かれた人や病気の人を癒やした活動全体が、「神の子」としての宣教であったとすれば、これから主が歩んでいく十字架への道(ゴール)も、神の子としての伝道なのです。
そして「彼の言うことを聞きなさい」という明確な指示が語られています。「聞く」という言葉には、ただ「耳で聞く」という意味だけでなく、「聞き従う」という意味があります。日本でも、「お母さんの言うことを聞く」というのは、ただ耳で聞くだけでなく、聞いてその通りにするという意味です。「これに聞け」とは、私たちを御子イエスと同じ道に招く言葉なのです。

† あなたは生活の中で、誰の声に聞いて歩んでいるでしょうか?
  (例えば、親、自分、ご主人、奥さん、それとも....)
† それは何故でしょうか?
† 主イエスに聞くことで、どういうことが起こってくるでしょうか?

              

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。