今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

[ 新しい契約 ]      マタイの福音書26章17-9節 
              コリント人への手紙第Ⅰ11章23-29節
                         岸本 望 牧師

「この杯は、わたしの血による新しい契約です。
 これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行いなさい。」
                     コリント人への手紙第Ⅰ11章25節

  

受難節に当たり、最後の晩餐すなわち聖餐について考えます。

1.渡される夜(23)
 聖餐は「渡される夜(Ⅰコリント11:23)」、すなわちユダがイエスを裏切った
 夜に定められたと福音書は記します。それは、私たち人間の弱さ、偽り、悪意
 に満ちた心の闇を指しています。聖餐のパンと杯は、私たちの心の闇、魂の現
 実に向けて差し出されているのです。このことを自覚し罪を告白して、主の赦
 しを求めるもの、悔い改めた者に救いが実現する「新しい契約」なのです。
 ですから、洗礼を受けた者に限定されているのです。

2.新しい契約(25)
 聖餐は「新しい契約」と呼ばれます。主イエスは、「とって食べよ、この杯から飲
 め」(マタイ26:26-27)と、ご自身の身体を私たちに差し出していて下さいま
 した。それはパンと葡萄酒が体を強め養うように、主イエスご自身が私たちの
 いのちとなり、力となって新しい命に生かして下さる「新しい契約」のしるしな
 のです。キリストを信じると言うことは、彼のいのちに生かされ、彼の似姿に
 似た者とされて行くことです。

3.あなたがたのため(24)
 聖餐は、「これはあなたがたのため」(24)と複数形で記されています。キリ
 スト信仰は、ひとりよがりな信仰ではなく、一つの命に結ばれている信仰です。
 聖餐の恵みにあずかる人々と共に、主のいのちに生かされている一つの体であ
 ることを自覚するのです。

4.主の死を告げ知らせる。(26)
 この聖餐にあずかるたびに「主が来られる時に至るまで、主の死を告げ知らせ
 るのです。」(26)。ここに福音のもつ特別な意味を見出します。すなわち大い
 なる希望です。聖餐にあずかる者は過去を記念するだけでなく、主が来られる
 時を待ち望んでいるという希望を告白し、十字架と復活の福音を語り続けるの
 です。

              

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。