今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

[ 究極の選択 ]      マタイの福音書26章36-46節 
              イザヤ書 42章1-9節
                         足立 宏 牧師

「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように」
                       マタイの福音書26章39節

 主は、こう祈られました。「わが父よ。できますならば、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。」イエス様は、この時汗が血のしずくのように流れ出るほど、苦しみながら祈られたのです。 時間にして1時間を三回ほどです。
 イエス様は、罪深い私たちが滅びないで、永遠の救いには入れるように、この世に来て下さいました。そしてイエス様自身、何度も、十字架の死を予告されました。 そして逃れることもできたでしょうが、エルサレムにやって来て、十字架の死を覚悟されていました。 なのに、どうして恐れを感じられたのでしょうか。それは天の父様から捨てられるからです。イエス様は死を恐れたのではないのです。罪のない御子イエス様が、罪人の身代わりとして十字架という呪いの木で、神様の怒りを見に受けることを恐れ、苦しまれたのです。 ただ死ぬのではないのです。呪いの木で裁かれ捨てられるのです。
 イエス様と天の父なる神様との間には、「子」と「父」としての親密な交わりがありました。それはこの世界が存在する前からの交わりでした。そしてここでも、わが父よ、と、豊かな信頼関係の中に居られました。しかし全ての人の罪を負い、身代わりとして裁かれるとは、この交わりが断たれ、神に見捨てられることを意味したのです。 それはどれほど、苦しく、恐ろしいものだったでしょう。
 しかし、イエス様の願いは、あくまで天の御心に従うことでした。そこで、十字架で裁かれ、死ぬことが避けることのできない父の御心であると悟った時、イエス様はそれを受け入れられたのです。
 「 しかし、わたしの願うようにではなく、あなたのみこころのように、なさってください。」
 父のみこころとはなんでしょうか。私たち罪ある者が永遠の滅びではなく、永遠の命に入ることです。その為にイエス様は、呪いの木に架かり、神に裁かれ、捨てられて下さったのです。
私たちの救いには、こんな大きな犠牲があったのです。               

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。