今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『誰が一番偉いのですか』 
詩篇8章1~10節 マルコの福音書9章30~37節   足立宏牧師

十字架に向かう主の背後で、弟子たちは、誰が1便偉いかと論じ合っていました。
将来人々の先に立つべき指導者層の12人を呼び寄せて言われたのです。 「だれでも人の先に立ちたいと思うなら、みなのしんがりとなり、みなに仕える者となりなさい。」自分を捨て、自分の十字架を負ってイエスについて行くという指標(8:34)が、ここで具体的に適用されます。 それは仕えるものの姿です。
 
しばらくすれば神の国が確立されるとの期待感の中で、弟子たちは支配や権威の階層を思い浮かべたのでしょう。国の権威秩序の中で、自分はどの当たりを占めるのか、そればかりが気になっていたようです。しかしこの世にあっては当然の順位争いが、神の国では全く意味をなしません。それどころか、偉いものは最下位となり、皆に仕えるものとなる。と価値観は逆転します。救い主が死に渡されるということも、弟子たいには理解できないことでした。また神の国では偉いものが仕えるという姿勢をとるということも、彼らの想像をはるかに超えていました。
この世の支配者・指導者では考えられないメッセージを理解させるために、イエス様は一人の子供を連れてきて、弟子たちの真ん中に立たせます。何ができるわけでもない、社会的に無価値な小さな子供を、主は腕に抱き寄せて、神の国では尊い存在であること示されました。次に幼子をキリストの名の故に受け入れるよう勧めますが、そうするには幼子と同等の、或いは更に謙虚な姿勢をとる必要があるのです。

†自分の聞きたい御言葉だけに耳を傾けてはいないでしょうか。
 御言葉の真の意味を受け入れて歩むよう、聖霊の助けを求めていますか。
†今現実的な祝福だけを求めているなら、地位を占めるだけを論争して弟子たちと同 じです。あなたは仕える偉い人ですか。あなたが仕え、もてなす人は、誰ですか。



 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。