今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「味わい深い主の弟子」 エステル7:1-10 マルコ9:38-50    足立 宏牧師

【あなたがたは、自分自身のうちに塩けを保ちなさい。そして、互いに和合して暮らしなさい】50節    

 私たちはキリストの御名によって働く全ての人を歓迎し、励ますことが大切です。ここでヨハネは、ある人が主の名によって悪霊を追い出す働きをしているのを止めさせたと話しました。理由は、「私たち」の仲間ではなかったからです。そこでイエス様は、主の権威と教えに従う人なら、自分に反対するのではないとし、味方であると明言されています。  弟子たちは、自分たちこそ主に選ばれた者で、悪霊を追い出す権威は自分たちだけにあると誤解しています。しかしイエス様は、そういった排他的な偏狭心を持たないように、教えておられます。特定の個人や集団が主の働きを独占することは、主のみこころではありません。私たちは自らの偏ったものの見方で、主の働きを制限しないように、注意しましょう。  

 またイエス様にとって、大切でない人は誰一人いません。一見価値を見いだせにくい人のようであっても、躓きを与えてはならないのです。「つまずきを与える」ということばは、引っかけて倒す、罪を犯させると言う意味を持っています。これは信仰の弱い人を誘惑して背教させたり、心を傷つけて信仰を捨てさせたりする行為を指しているのでしょう。イエスの弟子になっていくなら、人が主に向き、永遠のいのち(救い)に導かれることをいつも大切にします。

†奉仕者間で、自分の我を通そうとしていないでしょうか。どうすれば、より多くの 人が、主のみわざに加わるようになるでしょうか。

†今まで避けてきた人に、イエス様の愛をどのように表しますか。断固として断ち切るべき自らの罪や習慣は何でしょうか。



 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。