今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

   「愛の眼差しがあなたに」 創世記18:9-15 マルコ10:17-22   足立 宏牧師
【永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、
 あなたの遣わされたイエス・キリストを知ることです】ヨハネ17章3節    

「永遠のいのちを、自分のものとするには」。財に富める人の質問です。主は即答を避け、聖書(律法)に何と記されているかと返されます。 青年にしてみれば、十戒を読めば、それくらいのことはわかります。彼はそれ以上の答を期待して、イエスのところに来たのでしょう。事実、自分なりに十戒を小さい時から守りつつも、心の中には、まだ永遠のいのちを受けることが出来ないという欠けを感じていたのです。 イエスは、青年の心の中を見抜くかのように、慈しみのまなざしで、「あなたには、欠けたことが1つあります」(21)と指摘されました。「帰って、あなたの持ち物をみな売り払い、貧しい人たちに与えなさい。  ……そのうえで、わたしについて来なさい」(21)と語りかけられました。永遠のいのちを持つためには、御子イエスにつながっていくことが絶対的条件です。しかも、「自分を捨て」た上でついて行くのです(8:34)。この青年の場合、それは富を手放すことを意味していたのです。顔を曇らせ、悲しみながら去って行く青年の後ろ姿は、富が彼の心に深く根を下ろしている事実と、「捨てる」ことの難しさとを物語っています。

† 永遠のいのちを確信している人と、そうでない人では、どう違いますか?
† 永遠のいのちのために、今喜んで手放すことができるものは何ですか?


 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。