今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「真の神を証しする」   伝道者12:1 使徒17:16-34    足立 宏牧師

【この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、
  天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません】24節  

 多くの人々が思想や偶像を追い求め、空を打つような人生を生きています。アテネの人々もそうでした。ストア派の哲学者たちは自分を律することを主張し、エピクロス派の学者たちは精神的な快楽を追い求めました。
 使徒パウロはこのようなアテネの状況を見て、自分が携えている福音の真理を伝えようとしました。だれに会っても、彼らと論じ合い、熱心にイエス・キリストの福音を伝えたのです。
 アテネの知識人たちは、パウロが伝えた福音に一時的な関心を示しました。彼らはパウロの説教に対して、三つの反応を示します。一つ目は、あざけりです。ギリシャ人たちには、死者の復活というメッセージは、受け入れがたいものでした。二つ目は、福音を学問のように理解して学ぼうとする人たちです。納得できる論理的説明を求めるのです。  三つ目は、心を開いて福音を信じた人々です。主はどこにあっても、選びの民を置いていて下さいます。

†頭で理解することと、心を開くことはどういう違いが出てくるでしょうか。
†信仰とは、自分の弱さを認め、神の御子イエス・キリストを受け入れ、信頼して生活することです。あなたはどのような導きにより、キリストへの信仰を持つようになったのでしょうか。


 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。