今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『主がお入り用なのです』 マルコの福音書11章3節

イエス様の所にロバが引かれてきました。主がロバに乗り、多くの人々がイエス様を出迎えます。まさしく王の入場です。人々は自分の上着を道に敷き、木の葉を枝ごと野原から切ってきて、道に敷いたのです。これらは、戦争から凱旋した王や将軍を迎えるときの態度です。
 ここで私たちが考えなければならないのは、なぜイエス様は乗られたかという事です。ここも初めて聖書を読まれる人にとっては、イエス様は動物虐待をしていると感じるかも知れません。しかしそうではありません。当時人々はロバに乗る習慣がありました。
  けれども肝心なのは、ロバが当時一番卑しいとされた動物だった事です。そのロバに王様として乗ってエルサレムに入ってこられました。これは何を意味するでしょうか。ザカリヤ書9章9-10節
 イエス様は平和の王です。そして柔和な方です。柔和とは、つつましいとか、忍耐強いという意味です。柔和なイエス様は馬に乗らない。
 戦争をするのは、当時馬に乗ってでした。しかし、イエス様は馬に乗りません。ロバに乗られた。これは戦争を止めた王だということです。軍備力を持たない王です。これまでイスラエルの歴史の中で、軍備を持たない王はいませんでした。ダビデですら、戦いました。そしてイスラエルの歴代の王は、全て馬に乗り戦争で血を流したのです。 しかし私たちの救い主イエス様は、平和の王として、また謙遜と柔和の王として登場されたのです。力で人を押しつけたり、戦争で勝利を得る王では無く、貧しく謙り、人々に平和をもたらす王なのです。

私たちキリスト信仰の内に、
 主は謙遜と平和の王として済んでいてくださいます(聖霊によって)。
 怒りで仕返ししたくなった場合、あなたはどういう選択をしますか?





 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。