今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「被造物として主に仕える」 
出エジプト記33章12-23節 マルコの福音書12章13-17節   足立 宏牧師

『カイザルのものはカイザルに返しなさい。そして神のものは神に返しなさい』
                       マルコの福音書12章17節

 「カイザルのものはカイザルに」。ユダヤ社会の中で皇帝の銀貨を使っているといということは、ローマ皇帝の統治を承認することを意味します。主はユダヤの民が、毎日使っているお金にローマ皇帝の像が刻まれており、そのお金を生活の中で通貨として認めているのだから、その元締めであるローマ皇帝に税金を納めることは当然だといわれたのです。
 続けて主は、こう言われます。「神のものは神に返しなさい」。これは厳密に言うならば、神に属する諸々のものは、神にお返ししなさいということです。それはまた、私たち人間は神様の所有に帰するべきものであるということです。私たちはお互いは、自分の意思で自分が望むように生きていると思っています。
 しかし実は、私たちはみな、神の所有物です。自分の好きなように生きるのが人生ではありません。私たちの真の所有者である神様の御心に従って、神が喜ばれる人生を生きることが、人の人たるゆえんであり、真の平和と祝福の源と言えるのです。

† あなたは神様によって与えられていると思うものを書き出してみましょう。
  それを神様にお返しするとは、どういう作業(実践)に結びつきますか。


 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。