今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  
                     
「その時あなたはどうする」 
サムエル記第一・10章17-27節 ペテロへの手紙第一・5章5-7節  足立宏牧師

『みな互いに謙遜を身に着けなさい。
 神は高ぶる者に敵対し、へりくだる者に恵みを与えられるからです。』
                      ペテロへの手紙第一・5章5節
  すでにサムエルとサウルの二人だけで王として油そそぎが行われていたが、今回はサウルが公に王として選出されることになります。その方法はくじによる選びでした。
 サムエルは王選出の行事を公に行うため民をミツパに集めます。(17)しかしそれが実行に移される前に、サムエルはもう一度王を立てる意向そのものが、本との王である神ご自身を退ける民の思いからでていることを明確にしています。(18-19) 祭司はくじを用いて神の御心を確かめました。かってイスラエル軍を敗戦に陥れた責任者は誰であるかが、神に問うくじによって絞られ、アカンが取り分けられた。(ヨシュア7:16-21)。今回もくじが用いられ、くじはサウル日命中したのです。(20-21) サウルは荷物の間に隠れていましたが発見された。彼は威風堂々の体格でした。人々は歓声を上げ、サウルを王として受け入れました。(23-24)。
 サムエルは王の責任を民に告げます。そしてこれを文書に記して、主の前に収めたのです。ギアブに帰ったサウルについて行った勇者もいたが、一方彼を軽蔑して贈り物をしなかったよこしまな者たちもいました。サウルは後者に対して沈黙を守ります。主を待ち望むよい時でした。


† あなたは人から理解されない時、どのように対処するでしょうか。


  

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について CGNTV
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。