今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

『実を結ぶ生涯』

使徒の働き9章26~31節 ヨハネの福音書15章1-8節 足立宏牧師

 ぶどうの木の喩えは、私たち人間と主イエス様との関係をわかりやすく表現しています。ぶどうの枝がいのちを保ち続け、また果実を実らせるために唯一できることは、ただぶどうの木に結びついていることだけです。どんな立派な枝であっても、幹から離れてしまうならば、直ぐに生気を失い、枯れてしまいます。 私たちのいのちは、真のぶどうの木であられる主イエス様との親密で、確かな交わりの中にこそ、あり続けるのです。
 では、とどまるために、実際どうすればよいのでしょうか。イエス様に繋がって生きるとは、主の言葉、聖書に聞き、祈る生活をすることです。(7節)とどまるという言葉は、英語の辞書では、Dwell in me.私の内に住みなさい、と書かれています。その関係は表面的なものではなく、深く、人格的な交わりを示しています。
 しかもその言葉が私たちの内に住むというのです。これは響き合う繋がりと言っていいでしょう。 そして何でもあなたがたのほしいものを求めなさいとは、祈りです。ここは命令形で書かれています。求めたらいいのです。
 
 キリストから離れて、人間として生きようとしても望みがありません。私たち一人一人がすべき決断とは、自力で身を手に入れようとするのか、ぶどうの木であるキリストにつながって行動するのか、いずれかです。
あなたはどのようにして、歩みますか。  



 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。