今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「選ばれた目的とは」 

[神が正しいとする人]  足立宏牧師

詩篇30篇8-12節 ルカの福音書18章9-14節 23

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、24ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。  ローマ人への手紙3章23-24節
 
 律法によれば、ユダヤ人は年に一度、大いなる贖いの日に断食することが定められている(レビ16:29)。また穀物の収穫の十分の一ささげるよう定めがありました。(民数記18:21) 層であるのにこのパリサイ人は要求されている以上に、断食は週に2度もし、十分の一の献げものは、野菜そのほか全ての収穫について実行したのです。彼は、自分の全ての行為によって神の前に義とされようとするスピリットで生きてきました。
 これに対して取税人は、神殿の建物からも、またこのパリサイ人からもはるかに離れて立ち、目を天に向けることもせず、胸を打ちつつ嘆いて祈りました。「神よ。こんな罪人の私を憐れんでください」と。 著しい対照です。前者は眉を上げて自分の義を誇り、後者は胸を打ちつつ、自分の罪の赦しを求めたのです。
 イエス様は、取税人が、神によって義と認められたと宣言されています。パリサイ備置の問題は「ぎとみとめられる」ことに対する誤った考えにあります。この喩えは、神の憐れみを求めずに自己の義を主張したパリサイ人と、神の憐れみを信じ神による義を追い求めた取税人のメッセージです。 私たちは神の前でも人の前でも、そして祈りの中でも、主の憐れみを深く覚えて、歩みたいものです。

† 神に祈る時、十字架と復活のイエスさまをを仰いでいるでしょうか。
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。