今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「臨在を求めて」  出エジプト33:1-16 マタイ28:16-20    岸本 望 師

【主ご自身が言われた「わたし自身が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう】出エジプト33章14節  

1. 一緒にはのぼらない(3) エジプトを脱出した民が、シナイ山の麓にたどり着いたとき、神は、モーセを山の上に呼び、イスラエルの民に対する律法を授けられます。この間40日。民は金の子牛を造り、挙って偶像礼拝に耽るのです。神は御心を痛め、この民を「断ち滅ばす」(32:10)と言われたのですが、モーセが命を投げ出して執りなし祈りますと、神ご自身の憐れみの豊かさゆえに、民の罪は赦されます。しかし、神の臨在、すなわち神ご自身がこの民と共に行くことは拒絶されました。  

2. 臨在の回復を求めて(12)  モーセは「この国民があなたの民であることをお心に留めて下さい」(13)と執拗に執り成します。この民は神の臨在あっての民です。神の臨在こそがこの民の全てなのです。彼らのアイデンティティーは、神の臨在だけなのです。そこで神は、「わたし自身がいっしょに行って、あなたを休ませよう」(14)と臨在の約束を回復されたのです。

3. 変わらない神の臨在の約束  「わたし自身が一緒に行く」とモーセに語られた神は、その独り子を私たちに与えて下さって、神を見失った人類に向かって「見よ、わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」(マタイ28:20)と、イスラエルのみならず、すべての民に約束して下さいました。

聖書の一貫したメッセージは、恐れるな、愛している、共に居る、と言うことです。私たちキリスト者のアイデンティティーも神の臨在です。  朝ごとに「共に居る」と約束される神のことばを確信し、臨在の主を信じて歩みましょう。
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。