今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「この時のために」  イザヤ43:16-21 マルコ14:1-11    足立 宏 牧師

【この女は、自分にできることをしたのです。埋葬の用意にと、わたしのからだに、前もって油を塗ってくれたのです】8節

  主イエスの生涯の意味は、どこにあったのでしょうか。当時の人々もそれぞれ、違った理解をしました。しかし主ご自身は、始めから終わりまで、十字架を目指して進まれました。  私たち人間は、「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず」(ローマ3:23)と言う立場で、その罪の責任ゆえに滅びるしかありません。
 しかしそのことを知っておられた主イエスは、私たち一人ひとりの身代わりとして、十字架にお架かりになることを選んで下さったのです。
 そこで神の愛とは何でしょうか。「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(Ⅰヨハネ4:10)。その御子キリストの死と復活によって与えられた赦しと永遠のいのちを受け入れることなのです。  ひとりの女性は、このキリストの死を感じ取って、高価な油を主に注いだのでした。彼女は、その愛故に命を投げ出そうとしておられる方に、今自分の持てるもののすべてをささげたのでした。

*あなたは十字架にお架かり下さった御子イエスを愛していますか。 また自分の持てるものを、御子イエスにどのように献げていますか。
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。