今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「契約の血にあずかる」  イザヤ 54:7-10 マルコ14:12-25    足立 宏 牧師

【イエスはパンを取り、祝福して後、これを裂き、彼らに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしのからだです。」】22節  

 これは最期の晩餐の場面です。翌日イエス様は十字架刑に処せられます。その前夜の食事会で、主催者は主ご自身でした。  2000年の間、キリスト教会は聖餐を重んじてきましたが、この箇所が歴史上、最初の聖餐式です。主はご自分を裏切る弟子たちと、聖餐を共にされたのでした。  
 22節『取りなさい。これはわたしのからだです』
 これは明らかに十字架を示しています。イエス様の体が裂かれるのです。24節『これはわたしの契約の血です。多くの人のために流されるものです』。これもイエス様が十字架上でいけにえとなる、という内容です。しかも多くの人のためとは、多くの人の罪が赦されるため、私たちの醜い罪が、神の前に赦されるためです。ここにすでに聖餐の恵みがあらわされています。  この聖餐の恵みに与っているのは、立派な紳士ではなく、これからイエス様を知らないと言い、主を捨てる人間です。3年間の恩をあだで返す人たちです。その彼らが十字架を指し示す聖餐に与っています。  
 ここに恵みがあります。私たち罪人が救われる世界が提示されているのです。愚かな弟子たちが、主の一方的な恵みに入れられているのです。
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。