今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「主は生きておられる」  Ⅰ列王18:20-40  ピリピ4:12-13    足立 宏 牧師

【私が仕えている万軍の主は生きておられます】Ⅰ列王18章15節    

 異教の神バアルの予言者たちと、まことの神の預言者エリヤとの対決場面です。 バアルの予言者450名たちは、自分たちの祭壇を準備し、朝から晩までバアルの名を呼び、応答を求めました(26)。 彼らは自らの努力や熱心により頼み、ついには祭壇の周りを踊り、身を傷つけ、血を流し始めました。しかし何の応答もなかったのです(29)。  今度はエリヤの番です。十二部族の名によって一つの祭壇が作られました(31)。その周囲には溝を掘り、貴重な水をあふれるばかり注ぎ、神のみわざが明確になるようにしました。 たきぎを並べ、一頭の雄牛を切り裂き、神への全焼のいけにえとしたのです(33-34)。主は祈りに答え、火を降らせ、すべてのものを焼き尽くして下さいました。 民はこの圧倒的な勝利を見、主が唯一の神であることを認め、証言しました(38,39)。エリヤはすかさずバアルの予言者たちを捕らえさせ、刑罰の死を与え、民を偶像礼拝の罪や危険から遠ざけたのでした(40)。

*人数の多さは、人間にとって誘惑とも恐怖ともなります。数が多い相手の前では、敗北感を覚えやすいものです。あなたは、恐れを覚えるとき、だれに信頼して歩みますか。
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。