今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

 「地でみこころが」 詩篇 16:1-11 マタイ6:9-10    足立 宏 牧師

【みこころが天で行われるように地でも行われますように】10節      

 聖書では「みこころ」、すなわち主なる神のみ思いと言う表現が至る所に出てきます。創造主なる神が、私たち人間にいだいておられる思い、それが「みこころ」です。それが天で行われるように、罪と汚れに充ちたこの地上で、行われますように、と祈るのです。
 このことがよく分かるのは、イエス様のゲッセマネの祈りです。ここには、「父よ。みこころならば、この杯を私から取りのけてください。しかし、私の願いではなく、みこころのとおりにしてください」(マタイ26:39)と明確に祈られています。強調点は、イエスの心ではなく、天の父の心を実現させてください、にあります。
 私たち罪人が罪と死と滅びから救われるためには、神と罪人との間に救いの道が開かれる事がどうしても必用でした。それは罪なきみ子イエス様が、十字架で神の怒りをなだめ、完全ないけにえとなって、私たち一人ひとりの罪の身代わりとなることでした。それが、天の父のみこころだったのです。みこころを百も承知の御子は、それを実行せねばなりませんでした。天の父による救いの計画は、実行するお方が必要だったのです。

 
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。