今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

「救いの箱舟に入る」  創世記6章1-20節  ローマ人への手紙1章16-17節

【ノアは、正しい人であって、その時代にあっても、全き人であった。
              ノアは神とともに歩んだ。】  創世記6章9節    

 信仰者ノアは、頭脳優秀であったとか、マネージメント能力に長けていたとか、偉大なことをなし遂げたとか、と語っているわけではありません。シンプルに「神と共に歩んだ」ことが強調されているのです。
  ここで注目すべきは、「その時代にあっても」という言葉です。地上に人の悪が増大し、混乱と暴虐に満ち、全てのものが道を外し、神が心を痛められる時代にほかなりませんでした。 そんなご時世にあっても、ノアは信仰者として神と共に歩んだというのです。
 まさしく21世紀の日本社会も同様でしょう。 誰で喪主なる神を信じないような時代にあって、御子イエスの神を仰ぎ、み声に聞き従い、主とともに歩もうとすることは大変なことでもあります。
  けれどもその先に待ち受けるゴールの約束をめぐらしたとき、私たちは、これ以上に祝福された人生はないと確信します。

 
 


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。