今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

 「愛が分かるとき」 伝道者 3:9-15 ルカ15:11-24    足立 宏 牧師

【ところが、まだ家までは遠かったのに、父親は彼を見つけ、かわいそうに思い、走り寄って彼を抱きしめ、口づけした】20節

 今日は放蕩息子(弟息子)のたとえからのメッセージです。
 ある人に息子が二人いました。弟は父に財産の分け前を要求し、自分の欲望を満たしたいため、父から離れて暮らし始めました。そして瞬く間に父から与えられたものを使い果たしてしましました。降りかかる災難も重なって、生活は破綻し、極貧に陥ったのです。彼を助ける人はいません。
 けれどもその中で、彼は父の愛と、その暖かい交わりを思い起こします。そして家に帰る決意をするのです。
 父は失われた息子をただの一日たりとも忘れることなく、ひたすら帰ってくるのを待ち望んでいました。その姿を見つけるや、自分の方から走り寄り、最愛の情を持って無条件で受け入れました。この父とは「主なる神」であり、弟息子はその神から離れ好き放題にしている「私たち」を表しています。
 ひとりの人が神に立ち返ることこそ、天の父なる神の望みであり、喜びなのです。

 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。