今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨  

 「覚えていない実践を」 マタイ 25:31-46 黙示録 22:1-5    足立 宏 牧師

【あなたがたが、これらのわたしの兄弟たち、しかも最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです】40節  

 この話はゆだねられたものをどう用いるかを説明しています。
 イエス様が最後の審判においてさばきの座に着き、すべての人を羊と山羊を分けるようにして分けます。一方には「祝福された人たち」。彼らはイエスが必要としていた食物や飲み物を与え、泊まるところや衣類を提供し、牢に訪ねたと言われます。しかし本人には覚えがないのです。 実はそれらは、イエス様の「兄弟たち」、しかも「最も小さい者たちのひとり」にしたことでした。彼らに対する善行が、イエスご自身への愛の関わりと見なされたのです。
 他方、「のろわれた者たち」には、永遠のさばきが宣告されます。彼らは善行を怠ったわけではありません。けれども、最も小さい者たちのひとりにしなかったのは、イエス様にしなかったのと同じなのです。
 キリスト信仰者として、小さい者たちを顧みているかどうか、そこにタラントを活用しているかどうかの試金石があります。

 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。