今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『宣教の準備(人の側)』 

この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。 (使徒1章14節)

  主の宣教という大事業が開始されるにあたって、慎重な準備がなされます。前回は、神の側(1-11節)を見ましたが、今回は人の側での準備を見ます。
 イエスを信じた人達がまずしたことは、祈りに専念することでした。そこの集まったのは11使徒(イスカリオテのユダは以内)、主の家族、そして婦人たちです。(13-14)
  11使徒に加えて、婦人たち特にイエスの母マリヤとあるように、ルカは教会における女性の役割に十分注目しています。 イエスの兄弟たちは、イエスの食伝道に於いて彼を信じていませんでしたが、今彼らは、信仰者の仲間に数えられています。
「心を合わせて」。「ひたすら…していた」。彼らは祈りに於いて一致し、ただ主によりすがるスピリットでイエスの約束(1・4、5、8)を待ち望んでいました。 ペテロは彼を否定し、トマスは主の復活を疑いました。他の者たちを出し抜こうとしていたお互いでした。この様な背景を持った者たちが、互いを信じ合い、祈るようになっていった過程が大事です。
 

 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。