今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

  「初めの教会の姿」 

使徒の働き 2章37-47節 ペテロへの手紙第一2章19-25節    足立 宏 牧師

【彼らはいつも、使徒たちの教えを守り、交わりを持ち、パンを裂き、
                   祈りをしていた。】使徒の働き2章42節

 生まれたばかりの初代教会では、四つの実践がなされていました。
 第一は、使徒たちによって学びが始められたのです。イエス様によって教育されてきた使徒たちは、生まれたばかりのクリスチャンに、キリストの復活、旧約聖書の筋道、キリストの証人になること、イエス様の地上生涯、また御業を教え、そして、新しい共同生活の指針等を伝達していました。
 題には、交わり。交わりと訳される言葉は「コイノニア」です。この場合は、使徒たちの教え学んだ上で、発見したことや、感動、感謝を分かち合ったと考えられます。つまり主の恵みの共有です。
 第三は、パンを裂きです。これは私たちが考える聖餐式というより、日常の食事の中で主を記念して聖餐を行ったのでしょう。そこで礼拝をしました。
 第四は、祈りを共にしていました。新しい共同体にとって神との友情に生きることが大切でした。個人でのデボーションを豊かに持ち、静まりの時をもって、、また共に集まって祈り合っていたのです。
 以上四つのことに、教会はエネルギーを費やしていました。これが主の御心です。
 


 

 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。