今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨
「不信が取り扱われる恵み」 マラキ 4:5-6 ルカ 1:5-25    足立 宏 牧師

【御使いは彼に言った。「こわがることはない。ザカリヤ。あなたの願いが聞かれたのです。あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。」】
                              ルカ1章13節  

 祭司ザカリヤ夫妻は、誠実な信仰者でしたが、子どもに恵まれませんでした。しかし神は彼らの痛みを見過ごされません。二人のたゆまぬ祈りが主に届き、妻エリサベツは身ごもります。しかもその胎の身は救い主の先駆けとなる預言者だというのです。
 その父となるザカリヤは、聖所で御使いに出会います。習慣化された祭司のお勤めであったと思われる行事の中で、主の臨在が彼に及んだのです。けれどもザカリヤは、現実だけを考えてしまいました。
 何と祈りが答えられるという知らせを、不信仰で拒否してしまうのでした。そこで神は愛のレッスンゆえに、子どもが産まれるまでザカリヤのことばを奪いました。  私たちもザカリヤを笑えないかも知れません。自分の限られた理性だけで、結論を出そうとするのです。このクリスマス、私たち一人ひとりもザカリヤのように静かに主の御前に座ってみませんか。そして不信仰を取り扱って頂き、恵みによる信仰の回復を経験したいのです。


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。