今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「信仰に生きる (2)」   マタイ1章18-25節 ローマ1章1-7節
                            足立 宏 牧師

『マリヤは男の子を生みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそご自分の民をその罪から救ってくださるお方です』 マタイ1章21節

ユダヤ人の婚姻法では婚約中の二人はすでに夫婦でした。婚約者は普通1年程度の婚約期間を経て結婚生活に入るのですが、その期間中にマリヤの妊娠が明らかになったのです。
婚約中の女性が婚約者以外の男性と同意の上で関係の及ぶなら、二人は石で打ち殺されると言われていました。見に覚えのないヨセフは、彼女をさらし者にするより、離婚状を書いて内密に去らせる方法を取ることにしたのです。
そこに神様が介入し、夢を用いてマリヤのお腹の子は、聖霊によるものであることを知らせました。
しかし、聖書は、ヨセフの決心を推奨しているのではありません。ヨセフも罪ある人間であって、救い主が必要でした。イエスこそ、ご自分の民を諸々の罪から救い出すメシヤなのです。


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。