今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

『信仰に生きる』 ルカの福音書2章21-38節   足立宏牧師

【この子は、イスラエルの多くの人が倒れ、また、立ち上がるために定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています】 ルカの福音書2章34節

 嬰児イエスが宮参りに来た時、この幼子をキリストと告白した信仰者たちがいました。高齢者シメオンとアンナです。シメオンは聖霊の導きにより、「主のキリスト」の現れをひたすら待ち望んでいました(26)。彼はこの日、赤子のイエスを見たとき、彼こそキリストであると、はっきり信仰を持ってとらえ、救いが訪れたことを喜び、神をほめたたえました。しかもシメオンは、この救いをイスラエルだけのものではなく、異邦人を含めた万民の救いとしてとらえていたのです(31,32)。 彼は、主イエスによって、世界が二つに分けられることを預言しています。御子イエスは、ある人々にとってはつまずきとなり、他の人にとっては救いとなるのです。主の最後は、十字架の死です。それは母マリヤにとっては、心を刺し貫く悲しみとなるであろうと、シメオンは告げたのです(35)。
 同じくその場にいた女預言者アンナも、嬰児イエスを見て、この方こそ人民が待ち望んでいた贖い主キリストであると証言しました。彼女も未亡人となった後、神殿で、昼も夜も祈って主に仕える生涯を送ってきたのです。アンナも、イスラエルの救いを祈ってきたその答えを、自分の目で見る祝福にあずかったのです。
 私たちは、高齢となり体力が弱ってきたとき、何を喜びとするでしょうか。シメオンやアンナのように、とりなしのために時間を用いるライフ・スタイルを築きましょう。


 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。