今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「イエスの十字架が意味するもの」 ルカ 23:32-43 ローマ 3:23-24  
                            足立 宏 牧師

【まことに、あなたに告げます。
  あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます】ルカ23章43節
 

 ゴルゴタの丘に、三本の十字架が立てられました。中央には、御子イエスが、そして両側には二人の犯罪人が。  ひとりの犯罪人はこう言います。「おまえはキリストではないか。自分とおれたちを救え」。彼が地上に残した最期のことばは、自暴自棄の捨て台詞でした。自分の人生に何の反省もなく、責任を転嫁するような態度です。  もうひとりは申します。「おまえは神を恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。おれたちは、自分のしたことの報いを受けているのだから当たり前だ。だがこの方は、悪いことを何もしていない。」 不思議なことに、彼はイエスの無罪を告白しつつ、自分の罪を認めています。そして自分の責任として、刑罰を受け入れています。
 そして彼はイエスに一つの願いを述べます。「イエス様。あなたが御国に入られるときには、私を思い出して下さい。」  彼は自分が天国に入れてもらえる権利も資格もないことを、はっきり知っていました。彼はただ主の憐れみと恵みにすがったのです。
 その時、中央の十字架の上から赦しと救いのことばが与えられたのです。



 

 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。