今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝説教要旨

「殉教者ステパノ」 使徒 6:8-15 使徒 7:51-60    足立 宏 牧師

【「主イエスよ。私の霊をお受けください。」そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。】
                             使徒7章59-60節  

 やもめへの配給の課題を乗り越えた初代教会に、新たな試みが起こってきました。7人の執事の一人、ステパノは、恵みと知恵に満ち、主の働きに著しく用いられていました。その彼が最初の殉教者となるのです。彼の演説の要点は、イスラエルの歴史と信仰人物は、御子イエスを約束の救い主として証言している。律法も神殿も、イエス・キリストにおいて完成している。旧約聖書の指針と歴史を真に受け継ぐのは、キリストとその教会だと。
  ステパノの告発が頂点に達したところ、議会の人々の怒りもまた頂点に達しました。しかしステパノは聖霊に満たされ、最も栄誉ある光景を見ました。神の栄光の御座と、神の右にいる大祭司キリストです。そのイエスが立っておられるとは、あかしを全うした聖徒に対する賞賛と栄誉を強調しているのでしょう。彼の祈りは、十字架の御子イエスの姿を想起させます。飛んでくる石のつぶての中で、敵に対する執りなしの祈りをしながら、召されていったのです。


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。