今週のメッセージ

Message

 

本日の礼拝説教要旨
「主イエスは帰ってくる」 ルカ 12:35-48 黙示録 3:1-6    足立 宏 牧師

【主人が婚礼から帰って来て戸をたたいたら、すぐに戸を開けようと、
 その帰りを待っている人たちのようでありなさい。】  ルカ12章36節

 腰の帯とあかりのたとえは、終末の時と関連しています。イエス様の御手の中で起こる神の御国は、この世に終わりの時をもたらします。 「腰に帯を締め、明かりをともしていなさい」(35節)という表現は、帰ってくる主人の道しるべになります。 神の御国は生きて働いていることを知る人々は、怠惰になってはいけません。
 イエス様は終末に備える信仰者たちに、天国の宴会を約束されました。イエス様によって始まるこの宴は、 主の十字架の死と復活、そして再臨をとおして繰り広げられます。  私たちは腰の帯を締め、心にイエスの光をともし、暗闇を治め、神の国を伝えるお互いなのです。


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。