今週のメッセージ

Message

 

本日の礼拝説教要旨

【神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じ る者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである】
                             ヨハネ3章16節

 クリスマスは神の御子イエス・キリストが地上に誕生された日ですが、なぜ神の御子はこの世に誕生されたのかを知っている人は、必ずしも多くはありません。 なぜ神は、たった一人の最愛の御子を、この暗い罪と争いに満ちた世にお下しになったのでしょうか。  それはただひとつ、私たち人間を本当に人間として救い、生かすためでした。それはまた私たち人間の愛が冷え、偽りに満ちて破れつつあったからです。

 聖書は神がそのひとり子をお与えになったと言うことを、「世を愛された」と、愛の誕生として伝えています。

 神様の深いみこころは、人間が偽りの愛しか知らなかったら、人間が破滅するという思いから出ているのでしょう。 神のかたちに似せて造られた人間が、罪の奴隷として、崩壊してしまうことを、神様はお見過ごしにはできなかったのです。 そこで何はさておいても、神の御子をこの世に送り、まことの光と慰め、生きる希望を注いでくださったのです。


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。