今週のメッセージ

Message

   

本日の礼拝聖書箇所

【新改訳聖書2017】ルカの福音書22章1節~13節

1 さて、過越の祭りと言われる、種なしパンの祭りが近づいていた。 2 祭司長、律法学者たちは、イエスを殺すための良い方法を探していた。彼らは民を恐れていたのである。 3 ところで、十二人の一人で、イスカリオテと呼ばれるユダに、サタンが入った。 4 ユダは行って、祭司長たちや宮の守衛長たちと、どのようにしてイエスを彼らに引き渡すか相談した。 5 彼らは喜んで、ユダに金を与える約束をした。 6 ユダは承知し、群衆がいないときにイエスを彼らに引き渡そうと機会を狙っていた。 7 過越の子羊が屠られる、種なしパンの祭りの日が来た。 8 イエスは、「過越の食事ができるように、行って用意をしなさい」と言って、ペテロとヨハネを遣わされた。 9 彼らがイエスに、「どこに用意しましょうか」と言うと、 10 イエスは言われた。「いいですか。都に入ると、水がめを運んでいる人に会います。その人が入る家までついて行きなさい。 11 そして、その家の主人に、『弟子たちと一緒に過越の食事をする客間はどこか、と先生があなたに言っております』と言いなさい。 12 すると主人は、席が整っている二階の大広間を見せてくれます。そこに用意をしなさい。」 13 彼らが行ってみると、イエスが言われたとおりであった。それで、彼らは過越の用意をした。

【新改訳聖書2017】 出エジプト記12章21節~28節
21 それから、モーセはイスラエルの長老たちをみな呼び、彼らに言った。「さあ、羊をあなたがたの家族ごとに用意しなさい。そして過越のいけにえを屠りなさい。22 ヒソプの束を一つ取って、鉢の中の血に浸し、その鉢の中の血を鴨居と二本の門柱に塗り付けなさい。あなたがたは、朝までだれ一人、自分の家の戸口から出てはならない。23 【主】はエジプトを打つために行き巡られる。しかし、鴨居と二本の門柱にある血を見たら、【主】はその戸口を過ぎ越して、滅ぼす者があなたがたの家に入って打つことのないようにされる。24 あなたがたはこのことを、あなたとあなたの子孫のための掟として永遠に守りなさい。25 あなたがたは、【主】が約束どおりに与えてくださる地に入るとき、この儀式を守らなければならない。26 あなたがたの子どもたちが『この儀式には、どういう意味があるのですか』と尋ねるとき、27 あなたがたはこう答えなさい。『それは【主】の過越のいけにえだ。主がエジプトを打たれたとき、主はエジプトにいたイスラエルの子らの家を過ぎ越して、私たちの家々を救ってくださったのだ。』」すると民はひざまずいて礼拝した。28 こうしてイスラエルの子らは行って、それを行った。【主】がモーセとアロンに命じられたとおりに行った。




 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。