今週のメッセージ

Message

ライブ礼拝 11/28 9:45~
教会学校メッセージ

本日の礼拝聖書箇所

[新改訳聖書2017] ルカの福音書 1章57節~70節
57 さて、月が満ちて、エリサベツは男の子を産んだ。 58 近所の人たちや親族は、主がエリサベツに大きなあわれみをかけてくださったことを聞いて、彼女とともに喜んだ。 59 八日目になり、人々は幼子に割礼を施すためにやって来た。彼らは幼子を父の名にちなんでザカリヤと名づけようとしたが、 60 母親は「いいえ、名はヨハネとしなければなりません」と言った。 61 彼らは彼女に「あなたの親族には、そのような名の人は一人もいません」と言った。 62 そして、幼子にどういう名をつけるつもりか、身振りで父親に訪ねた。 63 すると彼は書き板を持って来させて、「その子の名はヨハネ」と書いたので、人々はみな驚いた。 64 すると、ただちにザカリヤの口が開かれ、舌が解かれ、ものが言えるようになって神をほめたたえた。 65 近所に住む人たちはみな恐れを抱いた。そして、これらのことの一部始終が、ユダヤの山地全体に語り伝えられていった。 66 聞いた人たちはみな、これらのことを心にとどめ、「いったいこの子は何になるのでしょうか」と言った。主の御手がその子とともにあったからである。 67 さて、父親のザカリヤは聖霊に満たされて預言した。 68 「ほむべきかな、イスラエルの神、主。主はその御民を顧みて、贖いをなし、 69 救いの角を私たちのために、しもべダビデの家に立てられた。 70 古くから、その聖なる預言者たちの口を通して語られたとおりに。



 


Page top  

 HOME  主日礼拝  聖書日課・学び会  ニュース Link
  礼拝プログラムの説明 聖書日課   教団へリンク
  乳幼児とご一緒の方 学び会    
    地域集会    
         
 教会の紹介 教会学校  説教  Q&A  Service
教会の歴史 教会学校の約束 メッセージ 教会について
牧師の紹介 教会学校のQ&A キリスト教について
教会内部の写真 教会学校の行事    
池田中央教会の信仰        
          


  わたしたちは、まず聖書を神のことばと信じ、その聖書が伝えるイエス・キリストの十字架とその復活によって罪の赦しをあたえる完全な救い、聖霊のめぐみによる
潔められたクリスチャンとしての霊的、人格的成長をめざす教会です。統一教会・エホバの証人・モルモン教とは一切関係ありません。


  聖書本文は新改訳聖書第三版(©新改訳聖書刊行会)を使用させていただいております。